ダンプ 買取

ダンプは買取がお得!

僕はダンプを1台だけで営業していました。   

 

いわゆる個人持ちってやつです。

 

走行距離が80万kmきたので、買い換えました。

 

プロフィアの平成8年で走行が約80万キロです。

 

この時に地元で有名なトラックの中古車販売店に持っていったんです。

 

それで買取金額が160万円。

 

うーん、って感じです。

 

後に詳しく説明しますが、トラック専門の買取一括査定サイトで212万円で買取してもらいました!

 

全然違います。

 

もし、ダンプを売る時には下取りなんて絶対にやめたほうがいいです。

 

ダンプの買取に使ったトラックの買取専門一括サイトを紹介しておきます。↓

 

 

トラックジャパン   ⇒公式サイト


 

 

下取りでは損

 

ダンプをやるときに地域の差ってあると思うんですけど、一番大事なことはいかにいいダンプを安く買うか?

 

これは言い換えると現在のダンプをどれだけ高く買ってもらうか?っていうことです。

 

頭金が多くなれば、それだけいいダンプを手に入れることができますから。

 

そのためには絶対に下取りはやめたほうがいいですね。

 

これは言い切れます。

 

一番、ダンプを高く売る方法は間違いなく個人売買です。

 

個人売買だと、中間マージンが発生しないので売る方も買う方もお得です。

 

しかし、個人持ちが売るってなった時にはものすごく傷んだ状態ですし、地元でみんな知っていますからあまり売れないです。

 

よほど、程度のいいダンプなら逆に売るなんてなったら、そこらじゅうから声がかかります。

 

実は、ちょっと前に平成21年のスーパーグレイトのハイルーフを持っている人がいたんだけど、病気で仕事を辞めることになったんです。

 

その時には、そのスーパーグレイトは取り合いでした。

 

私も600万円なら買うって言ったんだけど、全然安すぎて話にならないって言われました。

 

いくらで売れたのが謎なんですが、噂ではお店に並んでいるのと変わらないくらいになったらしいですね。

 

もしかしたら、800円をゆうに超えているのかもしれません。

 

買った人も頑固で有名な人だったので、恥ずかしくなって言えないんだと思います。

 

まぁ、かなりキレイにイジっているトラックだったので、それでもいいなぁとは思いますけど。

 

とにかく、一番お得なのは個人売買です。

 

問題は次です。

 

下取りに出すのか? トラックの買取専門店に出すのか?

 

これは大きな違いがあります。

 

間違いなくトラックの買取専門店に出すのか?

 

私の場合でも50万円近く差がつきました。

 

意外と古いダンプほど値段の差が大きく付くのもしれません。

 

これはちょっと私の予想ですけど。

 

それだけ、買取専門店は買取価格が高いんだと思います。

 

ダンプとか古いトラックの場合には明確は基準がないですから、業者のいいなりになってしまうんですよね。

 

だから、色々な買取業者で見積もりっていうか、査定してもらってから、売ったほうが絶対にお得です。

 

それまではトラックを売っている販売店で買ったり売ったりしていたんだけど、これからはやめたいと思います。

 

不景気で単価も下がるし、お昼の休憩も前は1時間あったんだけど、4年くらい前から、30分になりました。

 

なので、少しでもダンプを高価買取してくれるところを探さないといけないですよね。

 

 

 

 

オークションは絶対に損!!

 

私の仕事仲間にいつもオークションでダンプを買取したり、売ったりしている人がいるんだけど、あまりいいことないですね。

 

そもそもオークション代行でダンプを売ったり買ったりするのは損ですね。

 

手間ばっかりかかって大して金額も高く売れるわけでもないみたいです。

 

これは、その人の話です。

 

確か3年前くらいに平成8年プロフィアのダンプを買ったんです。

 

その時は走行距離が70万キロくらいでした。

 

金額は落札金額が240万円位。

 

それで、陸送代とかオークション代行料、落札金額、などで結局300万円近くになったそうです。

 

このプロフィアはバンパーなどは変えてあって当時はカッコよかったと思います。

 

現在では恥ずかしいだけかもしれませんけど。

 

一ついいなぁって思っていたのが、運転席のドアの方にエアーブラシで白い虎を書いてあったんです。

 

これはカッコよかったですね。

 

自分でも気に入っているみたいでした。

 

しかしこの人は、3年くらい前に平成8年のダンプを買ったんです。

 

私は今回それと同じプロフィアを走行も同じで買取してもらったんですから。

 

もうちょっといいダンプを買えばよかったのにと思います。

 

それはそれとして、結局全部で300万円近くになるですから。

 

オークションは絶対に損だと思います。

 

売る時が更に面倒なんです。

 

だから、ダンプは絶対に下取りや、オークションなどで売るよりも一括査定で見積もりしてもらったほうが高くなるし、話が早いです。

 

最後は現金で支払ってくれますし、面倒くさくないです。

 

オークションなんて、売れ残ったら、1週間に1回あるので、また次のオークションって感じでいつ売れるのかわからいないので、次にダンプが買えません。

 

こっちはダンプがないと仕事ができませんからね。

 

それで、結局買取金額とオークションでの落札金額が変わらないということになったら、意味がないですね。

 

だから、一番損するのがオークションです。

 

これなら、多少安くても地元のトラック専門店で買取してもらったほうがいいですよね。

 

 

ダンプ 買取

 

 

 

不景気なダンプ業界

 

昔はバブルの頃はよかったですね。

 

特に私の地元では瀬戸大橋など、いろいろと大型の公共事業があったので、ダンプやってると本当に面白かったです。

 

あの頃は、自分も若かったので、昼も夜勤もしていました( ̄▽ ̄)

 

それからも15年前くらいまでは面白い時期が続きました。

 

それで、はっきりとは憶えていないけど、毎月200万円近くは売り上げてました。

 

その時にはダンプも新車で購入していました。

 

あの時はギガがバンパーにライトをつけてカッコいいので、すぐにISUZUにいって注文したのを覚えてます。

 

もちろんダンプはノーマルだとバンパーにライトはつかないので、トレーラーバンパーをつけました。

 

それだと、ぬかるみにハマった時にバンパーが壊れるので、電動でバンパーが動くようにしていました。

 

この時が一番面白かったですね。

 

今からだと考えられないですね。

 

もうほとんど遊びです。

 

今、タイムスリップできるなら、貯金しておけ!!!

 

ってきつく言いますね(^O^)

 

それでも調子に乗っているので全然聞かないでしょうけど。

 

こんなに不景気で仕事がなくなるなんて信じられないです。

 

それでも今は燃料代がリッター100円くらいなので助かってます。

 

ちょっと前には一番高い時には160円くらいの時もあったので、その時のことを思うとかなり楽です。

 

使うときには100リッターくらいは軽く使いますから、燃料代は大きいですよ。

 

他にもタイヤ代や車検代など考えていたらどんどん暗くなってしまいます。

 

もう二度とあんな時代は来ないんだろうけど、もうちょっとどうにかならないのかなって思います。

 

ダンプも今回でたぶん最後の買い替えになるかもしれません。

 

なんとか高額で買取してもらったのでよかったですが、年金がどうなるか?

 

それ次第ではもしかしたら、最後にならないかもしれませんね(;´Д`)

 

 

ダンプ 買取